Guide Panelが秀逸 その1 - dwlog.net

Guide Panelが秀逸 その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと間が空きました。やっぱり平日はなかなか記事に割く時間が...と言い訳をしたいところですが、始めたばかりなので挫折しないで頑張ります(笑)。

Adobeの本家USのサイトのFireworks Developer Centerで紹介されているGuides panel機能拡張がめちゃ便利なので紹介。こんなの紹介するくらいなら標準でつけといてくれ!と思うのは自分だけ?

ってか日本語でも是非紹介してくれ〜と言いたいところですが、ないので解説も兼ねて紹介します。 長くなりそうなので何回かに分けて解説します。

USのコンテンツは以下。
http://www.adobe.com/devnet/fireworks/articles/guides_panel.html

この機能拡張はサイトでの説明の通り、Fireworks CS3以上での対応となります。もっと下位バージョンでも使いたい限りなんですけどね。Pageの機能が無効になるだけでFireworks 8とかでも使えるかもしれないので、こちらはまた試してみます。

でファイルはここからダウンロード

Extension Manegerでのインストールとなります。Fireworksを立ち上げていたらインストール後、再起動となります。

まずはFireworksで新規ファイルを作成。ここでGuide Panelを呼び出します。
ウィンドウメニュー > Guide を選択。

Guide Panelには上下のボタンと中央の3つのタブ(Generalタブ、Selectionタブ、Storeタブ)で構成されています。
[img]ガイドパネル概要

USの説明に従って機能を説明します。今回は上部の6つボタンのみ紹介。上部は主にコピー&ペースト系の機能になります。左端から順に以下の通り。

Copy Guides
その名の通り、ガイドをコピーします。
Paste Guides
これもそのまま。ガイドを貼り付けます。新規でページやファイルを作成した時に、同じガイドを作成したいときに使います。
Paste Master Guides
マスターページ以外のページにマスターページのガイドを貼り付けます。複数ページを作成していて、かつマスターページを定義していない時は一番上のページのガイドを貼り付けるようです。コピーアクションしなくてもよいのが素敵です(笑)。
Paste Guides from Previous Page
複数のページがある時に一つ前のページに適用しているガイドを貼り付けます。こちらもコピーアクション無しでいけます。
Undo
前に実行した操作を無効にします。これはガイドの編集だけでなく、通常の取り消しと同様です。
Open Edit Guide Setting
名前からはガイドの設定を編集できるようですが、Fireworks CS4では動作しませんでした。CS3なら何かしら出るのかもしれません。

基本これだけ見てもなかなか素敵な機能ですが、これはほんの序の口。次回は下部のボタンの紹介します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dwlog.net/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする