January 2010アーカイブ

2年程、サイト制作の現場から離れていたのですが、知り合いのお手伝いで地元企業のサイト構築のお手伝いをさせていただきました。
サイト構築にはMT5を使用したのですが、以前からMultiBlogで各階層をブログに分けて構築するスタイルの自分にとっては非常に使い易くなったかなと思います。

パシャログさんのサイトで「MovableTypeで企業サイトを構築する際に、つかえるプラグインまとめ その2」なる記事があったので、自分も構築したMT5で使ったプラグインについてまとめてみました。

MultiBlog

もともとMovableTypeを初めて知った時(MT2の終わりかMT3)からブログ構築ではなく、CMSとして捉えていた自分にとっては無くてはならないプラグイン。MT4になって標準搭載されて本当にありがたい限りです。今のMTだとmt:Blogタグ、mt:OtherBlogタグとか他のブログIDの記事を引っ張ってくる機能がありますが、自分はもっぱらmt:Multiblogタグ一本です。ってかどう違うか解っていないのもありますが...。Multiblogだと更新をトリガーにして他のブログを再構築出来るので便利かなと。

CustomDefaultFields

http://tec.toi-planning.net/mt/customdefaultfields/
ブログ記事やウェブページを作成する際にデフォルトでついている「本文」「続き」「概要」などの名称を自由に変更可能にするプラグインです。RenameLabelの方がメジャーかもしれませんが、入力フィールドを隠すこともできるのでこっちの方が優秀。MT3の頃はカスタムフィールドの作成にRightFieldsを使っていて、既存のフィールド名も変更出来たので重宝していましたがMT4になって標準実装されたカスタムフィールドには、これがついていなかったので、本当に不便で仕方がありませんでした。個人的にMultiBlogとならんで必携プラグインの1つです。

mtVicuna Template Set

http://mt.vicuna.jp/
標準のテンプレートコードがあまりにもいけていないので、とりあえずこれを突っ込んでからリデザインしました。個人的にはXHTML 1.0 StrictよりTransitionalを激しく希望します。w

GoogleSitemapsPing

http://www.magicvox.net/archive/2006/05201647/
上記のオリジナル版はMT5では動かないようで、一部改造した下記フォーラムで紹介されている修正版を使用しました。
http://vicuna.jp/forum/viewtopic.php?p=4186
Google Sitemapsへの更新通知を自動化するプラグインです。

QuickRebuild

http://tec.toi-planning.net/mt/quickrebuild/
MT5だとヘッダにある「再構築」の文字がずれてしまいますが、機能的には問題なく使えます。メニューの再構築ボタンを押すと自動で再構築が始まるのがとても快適でした。開発途中の頻繁な再構築にはとても便利なプラグインだと思います。

UserDashboard

http://junnama.alfasado.net/online/2009/11/mt5_1.html
ユーザーダッシュボードに左メニューを表示させてくれます。なんで標準では表示しないのかが激しく疑問。同時にログインの時間によって「こんばんわ〜さん」とかになったり(これは一緒に入っているHello.plの機能かな?)、固定の右カラムを非表示に出来たりする。右カラム非表示は消しても再度表示のためのメニューが残るので、中央カラムを幅広にできると思ったけど無理。

DefaultValueSetter

http://www.koikikukan.com/archives/2008/01/10-010101.php
フィールドに予め特定の初期値を入れておくことが出来ます。途中で諸事情で最終的には使わなかったのですが便利なので紹介。
ただ初期値を入れると当然ですが、値が入ってしまうので、mt:IfNonZeroタグやmt:IfNonEmptyタグとか使えなくなるので注意。

普通ならカテゴリーの順番変更とかも必要ですが、今回はたまたま不要でした。まだMT5が出たばかりなので、これからまだまだ便利なプラグインが出てくると思われます。個人的にはMT5で実装されたカテゴリー編集画面のカスタムフィールドでフィールド順が変更できないのは、本当にいけていないので早く変更可能にできるプラグインが出てくることを待ってます(他力本願モード)。w