CSS Nite in KANSAI, LP1に行ってきました - dwlog.net

CSS Nite in KANSAI, LP1に行ってきました

| コメント(0) | トラックバック(1)


http://osaka.cssnite.jp/lp01/

事前に提示された4つのミッションに今回取り上げた4つのCMS(Movable TypeWordPressSOY CMSa-blog cms)がどのようなアプローチで解決して行くかというテーマ。

スタッフとしてスピーカーの前でマイク持ちやってましたのでプレゼンはばっちり見えました。w

基本MTでやってきた自分ですが、WordPressは何度か使ったことがあるので、今回はSOY CMS、a-blog cmsに大変興味を持っておりました。

CMSの基本機能として充実しているのはa-blog cmsがダントツだった感が有ります。

スピーカーはユーザー代表の勝俣さんだったのですが、プレゼンが美しい。開発元のかずみちさんのtwitterでのプレゼン内容のフォローもすざまじく素晴らしかったです(#cnks1)。WPやMTもパワーユーザの方のフォローも入って欲しかったなあ。

a-blog cmsは管理画面の入力フォームも制作側がレイアウトできるし、カスタムフィールドもレイアウト時にコードをつっこんで、管理画面で詳細を定義するという完全に制作側でコントロール出来る点は、かなり魅力的です。Dreamweaverでのテンプレート作成も基本コメントタグで入れるためデザインビューでのレイアウトが崩れないのが嬉しい限り。

値段もMTと同じくらいなのですが、ユーザー、ブログ共に基本ライセンスでは制限があるのでそこのところが微妙だったりします。ただMTのブログの概念とは少し異なるようなので、ちょっと触ってみて評価したいと思います。1ブログの無償バージョン落として試してみようかな。

SOY CMSもa-blog cmsに負けず劣らずの高機能。

なのに無償で使えるのは非常に大きいです。地方だと小中企業の案件が多く、どうしても予算も安くなってしまいます。無料で使えるのは本当にありがたい。今度の案件で使ってみたいと思います。

テンプレートもhtmlを書きだすので、Dreamweaverで管理でき、a-blog cmsと同様に表示が崩れません。プラグインではなくて、別アプリ形式でショッピングカート、メールフォーム、メール送信など高機能なものがこれまた無償で出ています。

個人的にはMTを使いつづけてきたのは、
・プラグインによる機能拡張ができる。
・ネットや書籍のリソースが豊富。
・再構築は必要だが、静的書き出し(html)ができる。
なので、これらのCMSは機能拡張はあまりないし、動的表示(php)だし、リソースもまだまだです。でも基本部分がMTやWPよりしっかりしているし、開発元のサポートはtwitter等で抜かり無く行われているので、安心感はあります。

ただ動的表示は昔、MTの案件の時に、夜の作業でロリポップで再構築(DBはMySQL)やダイナミックパブリッシングの時に激遅で痛い目に合っているので、割と悲観的になっている自分がいます。w
まあ状況は変わってきているのかもしれませんが...。

MTのcremaさんは事例を交えながら手堅いプレゼン。w もうちょっとKeynoteを使いこなせたら、もう言うこと有りません。

WPのプレゼンはアンケートでも有りましたが、内容的にはもうちょっと感が拭えません。WPもとってもよいCMSなので、本当に勿体無い。多分プレゼン慣れしてない感じでしたので、もっと場数を踏んでほしいなあとアドバイスして起きました。かく言う自分も緊張しっぱなしでカミカミなんですが...。w

これからはユーザーサイドで更新ができるのは基本になります。制作者としていろんなCMSを使ってみてそれぞれの利点を見いだし、クライアントのニーズに合わせて賢く使っていく必要性を改めて感じたセミナーとなりました。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://dwlog.net/mt/mt-tb.cgi/27

2010年2月27日(土)、TKP大阪梅田ビジネスセンターにてCSS Nite ... 続きを読む

コメントする