May 2010アーカイブ

IEのコンディショナルコメント(条件付きコメント)をコードヒントで出せる機能拡張を作りました。

コーディングしながら、そういえば無かったなあと思って作りました。IEの条件付きコメントはデフォルトでスニペットとしてあるんですが、それをコードヒントで出せるようになる機能拡張です。

スニペットの方がショートカットを設定しておけば、一発で入れられるので楽かもしれませんが、(少なくとも自分は)ショートカット全部に設定して覚えるのは厳しいかなと思ったので作ってみました。

まあ最近はスニペットもDreamweaverのものだけでなくて、他のエディタと共有できるユーティリティーアプリとして存在するものもあるし、ZenCodingのようなアプローチのコーディング方法もあります。自分としては制作者がコーディングする際にいろいろなアプローチが提供されるべきだと思っているし、すでにコードヒントの場合は、すでに機能として存在していながらデフォルトでは出せないわけで、それを出せるようにすることで、制作者の1選択肢となればよいなあと思っています。

Dreamweaver Town Meeting in Tokyoは、5/29に東京、新宿のベルサール新宿で開催されます。

5/29(土)に東京、新宿のベルサール新宿で開催されるDreamweaver Town Meeting in Tokyoの大喜利部門で話します。

この1ヶ月くらいでDreamweaver Town Meeting in Kyoto、CSS Nite in OSAKA Vol.20とこのイベントと引き続き、内容がかぶり気味で申し訳ないのですが、自分の開発したHTML5+CSS3のコードヒント機能拡張ネタが中心です(笑)。それだけ注目されているということなんだと思いますが、取り上げていただけることは本当にありがたいことです。

もちろんCS5日本語版もリリースされますし、AdobeからリリースされたHTML5 Packの紹介もする予定です。
タイトルは
「Dreamweaver de HTML5」

大喜利部門でのプレゼンで、7分という厳しい時間内に完結できるよう絶賛練習中です(笑)。短くまとめるというのは本当に難しいです。いかに自分がまとめきれない人間かが露呈されてしまいます。orz

参加される皆さんには、当日お会いできますことを楽しみにしております。イベント終了後の懇親会も含め、東京の方々のモチベーションを吸収しようと思います(笑)。よろしくお願いします。

CSS Nite in OSAKA Vol.20に参加された皆様、長丁場のイベントでしたが、ご来場誠にありがとうございました。アンケートも拝見しましたが、絶対を通して概ね満足していただけたようで、スピーカーかつ実行委員としてうれしい限りです。イベントの内容に関しましては改めてネタにしようと思います。

さて本題ですが、自分のセッションで紹介したCSS3コードヒント機能拡張を公開します。是非使っていただき、不具合や要望などフィードバックいただければと思います。実はDreamweaver CS5のライブビューが秀逸な事が判明し、これとHTML5タグライブラリ機能拡張CSSセレクタコードヒント機能拡張のセットで割と快適なコーディング環境になるのではないかと思います。

来週のCSS Nite in OSAKAに向けて絶賛資料作成中ですが、現実逃避でUSでトライアルがリリースされたDreamweaver CS5をインストールしていじってます。

Dreamweaver CS5の新機能である強化されたライブビューで外部サイトを表示可能になったので、素朴な疑問で、先日からネットで盛り上がっている「画像を一切使わずにCSS3だけでドラえもんを描いてみた!」を表示させてみました。

結果は以下。
CS5のライブビューでみたドラえもん

各ブラウザでの表示。(画像クリックで原寸表示)
各ブラウザでの見た目

Webkitエンジンを使っているはずですが、Safari、ChromeよりはFirefoxに結果が近いのは何でなんでしょう。画像では表示されてませんが、目玉のアニメーションもきちんと表現されてました。

デザインビューが使えないのはいけてないですが、ライブビューでここまでOKなら、まあ使えるというのが実感です。もうデザインビューはやめて、編集可能なライブビューにして欲しいところ。

CSS3コードヒントを早くリリースしなきゃ。