CSS Niteの最近のブログ記事

CSS Nite in Omotesando, Vol.2関口さんがFireworksの隠し機能について話をされていたので、自分も1つネタを書いてみます(といってもネタ的には以前の個人サイトに既に答えがありますが...)。

色々とページデザインをしていると、レイヤーが増えてくるので、1つでもレイヤーが無くなって欲しいって思いませんか?

実はWebレイヤーはレイヤーごと非表示することが出来ます。以下のような感じ。

Webレイヤーはこのように表示非表示が可能です。

このWebレイヤーの表示非表示もFireworks Preferencesに設定されている隠れた機能の1つです。LayersList_ShowWebLayerという設定項目をtrueまたはfalseにして切り替えます。

Webレイヤーはスライスを格納するのに特化したレイヤーでスライス自体の表示非常時はメニューパレットでコントロールが出来ます。スライス名はプロパティーインスペクタで変更できるし、しかもスライス自体は別のレイヤーに持っていくことは出来ません。ってことはレイヤーパレットに表示されてなくてもいいじゃんというのが個人的な考えです。

表参道 The Gallery「station 5」で開催された、CSS Nite in Omotesando, Vol.2 とみた嬢のセッション(Ustreamのアーカイブ参照)で、Fireworksの角R(角丸)の太りの指摘されていました。

確かに長年の悩ましい事象なのですが、長年Fireworksをメインで使ってきた身としてはなんとかならないかなと思い、ちょっと検証してみました。

Fireworksでは線といいましても色々なアプローチで作成することが出来ます。今回試したのは以下の4パターン。

  • グロー
  • Photoshopライブエフェクト:光彩(外側)
  • Photoshopライブエフェクト:ストローク

1pxの線と3pxの線でを本来なら素直に線で作るだろうと思われますが、エフェクトを使っても作成出来ます。

当日のセッション風景

告知した通り、2010年4月21日に京都、メルパルクKYOTOで開催されたDreamweaver Town Meeting in Kyoto(CSS Nite in KYOTO, Vol.2)で、「HTML5コーディング環境をDreamweaverで構築する 〜タグライブラリの活用〜」というタイトルで話してきました。100人ほどの前で話すのは何度やっても緊張します。

今、受講者向けに先行配布される予定の音声データの自分の分を聴いているんですが、相変わらずしゃべりが流暢でないなあと、つくづく反省。「まあ」が多すぎ。orz

懇親会でも鷹野さんからの愛あるダメ出しを頂き、次のプレゼンでは、もう少しだけでもスマートに話したいなあと決意を新たにしました。次に確定しているのはDreamweaver Town Meeting in Tokyo。その前にあるCSS Nite in OSAKA Vol.20でも話すかもしれません(笑)。少しは進歩したプレゼンになりますように。

鷹野さんからは「事前にリハをするときに1分でも、録音して自分の音声を聴くだけでも全然違う」とアドバイスいただきましたので、練習の時に取り入れていきたいと思います。

Dreamweaver Town Meeting in Kyotoを4月21日に開催します。

4月21日(水)にCSS Nite in KYOTO, Vol.2としてDreamweaver Town Meeting in Kyotoが開催されます。

まだスピーカーや内容は確定していない部分は調整中が多いですが、AdobeのUSの方が来られて、次期DreamweaverのSneak Previewが見られるとのこと。スピーカーもかなり強力なメンツと思われます。

そのイベントに今回はスピーカーとして参加することになりました! 久々に人の前で話しますので少しドキドキしていますが、頑張りたいと思います。

お題は今ホットで草案が公開されたHTML5のコーディング環境をDreamweaverで構築することをメインで解説していく予定です。すでに公開しているHTML5タグライブラリ機能拡張の話やHTML5に限らず、これからも次世代タグとかを導入する際に役に立つであろう、タグライブラリのカスタマイズのお話を中心にさせていただきます。

平日ど真ん中で仕事が忙しいと思いますが、是非お越しいただければと思います。


http://osaka.cssnite.jp/lp01/

事前に提示された4つのミッションに今回取り上げた4つのCMS(Movable TypeWordPressSOY CMSa-blog cms)がどのようなアプローチで解決して行くかというテーマ。

スタッフとしてスピーカーの前でマイク持ちやってましたのでプレゼンはばっちり見えました。w

基本MTでやってきた自分ですが、WordPressは何度か使ったことがあるので、今回はSOY CMS、a-blog cmsに大変興味を持っておりました。

CSS Nite in OSAKA, Vol.13

実行委員なので、告知しておきます。

日時:
2009年3月10日(火)19:00-20:30
場所:
アップルストア心斎橋 2F
出演者:
参加費:
無料

今回以降、地元有志による開催に変わりました。その影響もあってか、今までとはちょっと毛色の違う内容になっているかと思われます。内容に関しては上記バナーからリンクしている公式サイトの方をご確認ください。

イベント後に恒例のアフターパーティも開催します。mixiのトピックにて参加表明を受け付けています。

なんか、まだスタイルシートが整っていないので非常に読みづらい文章ですみません。orz