自作機能拡張の最近のブログ記事

久々の投稿です。なんとなく思い立って久々にFireworksのコマンドを作成しました。

CS3から搭載されたページ機能ですが、ページ間を移動するショートカットを知らないので勝手にないんだろうと思って作成しました。

APIを使って簡単にできるだろうと思っていたのですが、Fireworks CS5のExtending Fireworks CS5のAPIを探していると現在のアクティブページを取得するAPIがない。orz 適当にググッていると、Yoropan blogなるサイトでfw.getDocumentDOM().currentPageNumなんていう本家のリファレンスに記載のないAPIを使っているサイトを発見。ドンピシャで取得できました。

という訳でできたコマンドです。

CSS Nite in Omotesando, Vol.2関口さんがFireworksの隠し機能について話をされていたので、自分も1つネタを書いてみます(といってもネタ的には以前の個人サイトに既に答えがありますが...)。

色々とページデザインをしていると、レイヤーが増えてくるので、1つでもレイヤーが無くなって欲しいって思いませんか?

実はWebレイヤーはレイヤーごと非表示することが出来ます。以下のような感じ。

Webレイヤーはこのように表示非表示が可能です。

このWebレイヤーの表示非表示もFireworks Preferencesに設定されている隠れた機能の1つです。LayersList_ShowWebLayerという設定項目をtrueまたはfalseにして切り替えます。

Webレイヤーはスライスを格納するのに特化したレイヤーでスライス自体の表示非常時はメニューパレットでコントロールが出来ます。スライス名はプロパティーインスペクタで変更できるし、しかもスライス自体は別のレイヤーに持っていくことは出来ません。ってことはレイヤーパレットに表示されてなくてもいいじゃんというのが個人的な考えです。